Skip to main content
クラウドCoEの何でも屋
  1. 記事一覧/

Google Cloud Certified Professional Data Engineer 受験メモ

·1 min

最近、待望の Google Cloud Certified Professional Data Engineer のパートナー認定資格キックスタートプログラムが開始されました。ってことで、さっそくバウチャーを取得して 2021/05/06 に受験してきたので、その時のメモです。

ちなみに、参考までに費やした時間なども記載してますが個人差が大きいと思うのであくまでご参考です。

受験メモ #

受験者情報 #

AWS、Azure、Google Cloudの三大クラウド上級資格持ち、とくにAWS資格は全種コンプしているので一見するとけっこう良さげな(クラウド歴1年の)新米クラウドエンジニアです。

No.項目取得数取得済み資格/合格済み試験
1AWS資格12CLF、SAA、SOA、DVA、SAP、DOP、
SCS、ANS、AXS、DBS、DAS、MLS
2Azure資格4AZ-900、AZ-104、AZ-303/304、AZ-400
3Google Cloud資格1PCA

結果 #

  • 合格 (点数不明)

準備期間 #

  • 12 時間くらい

内訳 #

  • 前準備、パートナーキックスタートに登録して Qwiklabs クエスト 2 種をクリアして無料で受験バウチャーをゲット (実質 4h、実際はバウチャー送付待ちなどで数 days)
  • 合格者のブログを漁って勉強の計画などを立てる (1h)
  • 試験ガイドを読んで不安な箇所がないかを確認する (0.2h)
  • 公式の模擬試験(無料)を実施し、解説を読みこむ (1h)
  • 高評価な問題集をやる (5-6h)

感想 #

  • 模擬試験は初見で 6 割くらいだったので少し勉強すりゃ大丈夫かなと思い、評価のよさそうな問題集(英語)を 1 つ選んでやりました。
  • 2 時間の試験でしたが 1 時間強くらいで見直し含めて終わりました。
  • 日本語はしっかりしているから普通に受ける分には問題はないのだけど、英語で勉強した手前、AWS や Azure のように英語へ切り替えられない仕様なのがちょいとつらかった。

アドバイスなど #

  • まずは模擬試験(30 問)をやってどこが弱いかを把握し、不足を補うように勉強しましょう。
  • 以下のブログにて試験のテクニック的なこと書いてくれてて結構参考になった気がします。
  • 今回利用した教材は次の Udemy のこちら、キャンペーンで 1500 円くらいでした。こちらの問題集から似たような問題がちょいちょい本番でも出てきたので点数の底上げに役立つかと思います。余談ですが筆者は ★4.5 を付けました。有用だけど日本語じゃないから-★0.5 です。

終わりに #

ということで Professional Data Engineer を取ってきました、、、しかもタダで!! あ、Udemy で教材買ったんだった、、、

もし Google さんとパートナーの企業のエンジニアの方は、ぜひパートナー認定資格キックスタートプログラムを利用してタダでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


  • Google Cloud は、Google LLC の商標または登録商標です。
  • その他、記載されている会社名および商品・製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。