Skip to main content
クラウドCoEの何でも屋
  1. 記事一覧/

Azure Cloud ShellのBashモードにてlessコマンドからviエディタを起動する方法

·1 min

みなさん、こんにちは。Azure Cloud ShellのBashモードでは、lessコマンドでファイル参照中に内容を編集しようと v キーを押してエディタを起動するとemacsが起動してきます。もちろんemacsも良いエディタですが、Red Hat系のLinuxに慣れている方からすると「lessで v を押したらviが起動してきてほしい!てか、moreはviが起動するのになんでlessはviじゃないんだよ!」と思う方もきっといるはずです。今回はそんなときの解決方法を紹介していきたいと思います。

エディタを切り替える方法 #

それでは解決方法ですが、環境変数 VISUAL に起動したいコマンド(今回はvi)を指定してください。これでlessからviエディタを起動させることができるようになります。

実行例)

export VISUAL="vi"

起動時に自動で設定する方法 #

とはいえ、Cloud Shellを起動するたびに毎回環境変数の設定をするのは面倒です。そんなときは設定ファイル ~/.bashrc の末尾に次の1行を追記しましょう。これでCloud Shellが起動した際に自動で適用されるようになります。めでたしめでたし。

作成例)~/.bashrc

export VISUAL="vi"

終わりに #

いまさらの情報でしたがいかがだったでしょうか。lessがなんか使いにくいんだよなとお困りの方は参考にしていただければと思います。以上、Azure Cloud ShellのBashモードにてlessコマンドからviエディタを起動する方法でした。


  • Microsoft Azure は,Microsoft Corporation の商標または登録商標です。
  • その他、本資料に記述してある会社名、製品名は、各社の登録商品または商標です。