Skip to main content
クラウドCoEの何でも屋
  1. 記事一覧/

Terraformでcountやfor_eachを使って定義したリソースをTerraform管理下から外す方法

··1 min

みなさん、こんにちは。今回は既存のリソースをterraform state rmコマンドを使ってTerraform管理下から外す際の小ネタの紹介です。

Terraformで実装する際、たとえば複数複数のリージョンやアベイラビリティゾーンに同様のリソースを配置する際などのユースケースにおいてcountやfor_eachを活用されている方も多いかと思います。このcountやfor_eachを活用して定義したリソースに対して素直にterraform state rmコマンドを実行すると次のようにコマンドがエラーになってしまいます。今回はそんなときの解決方法を紹介したいと思います。

$ terraform state rm google_compute_subnetwork.private["tokyo"]
Acquiring state lock. This may take a few moments...
╷
│ Error: Index value required
│ 
│   on  line 1:
│   (source code not available)
│ 
│ Index brackets must contain either a literal number or a literal string.
╵

Releasing state lock. This may take a few moments...

countやfor_eachで定義したリソースを管理外にする方法 #

結論から言いますと 「’(シングルクォーテーション)で定義したリソース名を囲む」 が1つの解となります。
出力例のように、Terraformリソース名を’(シングルクォーテーション)で囲んであげると期待通りに既存のリソースがTerraform管理外になる動きとなります。めでたしめでたし。

$ terraform state rm 'google_compute_subnetwork.private["tokyo"]'
Acquiring state lock. This may take a few moments...
Removed google_compute_subnetwork.private["tokyo"]
Successfully removed 1 resource instance(s).
Releasing state lock. This may take a few moments...

終わりに #

いまさらの情報でしたがいかがだったでしょうか。「え、こんなユースケースなくない?」と思われるかもしれませんが、「ついつい、うっかり既存環境を間違って違うリソースにインポートしちゃいました」といったケースもあるかと思います。そんなときの手助けになれば幸いです。

以上、terraform state rmコマンドを使ってTerraform管理下から外す際の小ネタの紹介でした。


  • Terraform は、HashiCorp, Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、記載されている会社名および商品・製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。